HOME>トピックス>出来る人と出来ない人との差はとても微妙で紙一重です

目次

コミュニケーション

ガードマンの仕事は非常に体力と頭を使う忍耐力と知性が必要な仕事です。ただ、だらだら突っ立っているだけでは成り立たない仕事です。この仕事に就く際にまず重要なのはコミュニケーションです。コミュニケーションが取れない人にとっては非常に負担の大きな仕事になります。この仕事を上手く行うためにはまずスタッフとのコミュニケーションが重要です。コミュニケーションの第一歩は挨拶です。

声かけが左右します

同じ現場や職場で働く際に挨拶は非常に重要となります。きちんと挨拶することが出来るガードマンへの第一歩となります。挨拶で現場や職場のスタッフ達とコミュニケーションをきちんととることが出来ればスムーズに職務をこなすことが可能となります。

聞く耳が大事です

ガードマンの仕事を遂行する上で、スタッフとのコミュニケーションで大事なのが相手の発言をきちんと聞くことです。聞くとは相手の言うことをきちんと理解するということです。同じ現場や職場で働く人の言うことには常に聞く耳を立てておくことが重要です。

勝手なことはしない

ガードマンの仕事を行っていくうえで様々なイレギュラーも発生します。トラブルが降りかかってきた際には必ず上長を連れてきて対処します。どんな些細なことでも自分で勝手に処理してはいけません。特に規則を曲げるようなことは絶対に個人では行ってはいけません。